BLOGガージェリーブログ

東中野 Bar SMoke Salt – ガージェリー・パナシェと自家製燻製

ビールベースのカクテルの一つ「パナシェ(Panache)」をご存知ですか。パナシェは、ビールと透明炭酸飲料で作るカクテルです。この夏、東中野の「Bar SMoke Salt」(スモークソルト)さんでは、GARGERY23のパナシェがおススメ。でも単純なパナシェではありません。

GARGERY23の自家製シロップ!を使った「ガージェリー・パナシェ」なのです。

GARGERY23のシロップ? 初めて聞いた時は私も半信半疑。いかなるものができているのか、早速お店を訪ね、「ガージェリー・パナシェ」を初体験してきました。

まずシロップを作ります

パナシェというと、普通はキリンレモンや三ツ矢サイダー(懐かしい!)のような透明炭酸飲料で単純に割るのですが、ここのパナシェは違います。
まず、GARGERY23のシロップを作るところから始まります。GARGERY23 WheatやBLACKが持つ香味を最大限生かそうという工夫なのです。GARGERY23に上白糖を加え、アルコールが極力飛ばないよう、40-50度の低温で短時間温めます。温めた直後はサラサラの液体ですが、しばらく置くととろみが出てきます。
写真は、GARGERY23 BLACKのシロップ。それだけなめても黒糖のような感じで、なかなかコクがあります。

シロップは2種類 Wheat & BLACK

出来上がったシロップと炭酸水の適量をグラスに注ぎ、最後にキリッと冷やしたGARGERY23でフィルアップします。この日使ったシロップはWheatシロップ、BLACKシロップの2種類、ビールはGARGERY23 Wheatです。
一番上の写真がWheatシロップのパナシェ、下の写真がBLACKシロップのパナシェです。どちらもいけますが、私の好みはBLACKシロップの方。ハーフ&ハーフのような味わいがあり、おススメです。


これからの季節、まず最初の一杯としてキュッと飲むと実に爽やか、二杯目からのお酒がさらに進むこと請け合いです。

自家製燻製 ~ マグロ刺身、筋子、野沢菜、サバ、鴨…

「SMoke Salt」さんで用意されているフード、それは自家製の燻製たちです。この燻製も普通ではありません。ちょっと変わり種の燻製が揃っているのです。マグロ刺身、筋子…等の生ものの燻製がその筆頭。特に筋子は超お勧めです。その他、野沢菜、鴨、サバをはじめ、様々な種類の燻製を楽しめます。


また、生ハムも一味違います。写真(右下)にあるようにより生っぽい感じで、これもまた美味しいのです。

わずか6席のみの小さなバーですが、酒飲みの琴線に触れる様々な仕掛けが用意されている「SMoke Salt」さん、一度行ってみてはいかがでしょうか。

東中野 Bar SMoke Salt
お取扱い GARGERY23 Wheat / BLACK
営業時間 17:00~25:30(Last in)
定休日 月曜日
住所 東京都中野区東中野1-14-26
電話 03-5937-5615
最寄駅 JR中央線 東中野駅
Website Bar SMoke Salt ホームページ

» 大きな地図で見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − four =

TOP