BLOGガージェリーブログ

大人のための、正しい「ハーフ&ハーフ」講座

日本ではなかなか人気が出ない黒ビール(泣)。前回は、「黒ビール」といっても玉石混交、色々ありますよ…という話題でした。
 ≫人生いろいろ、黒ビールもいろいろ – 黒ビール飲み比べ

「黒ビールは苦いから…」
声を大にして言いたい、これは誤解です。今度詳しく書きましょう。

「黒ビールは味が濃いから…」
これは真っ当なご意見だと思います。

そこで「ハーフ&ハーフ」の出番です。黒ビールの旨味を残しつつ、普通のビールで薄めて飲みやすくしてみましょう。飲食店のメニューでもよく見かけますね。さあ、第4回「もっと愛して黒ビール!」。

もっと黒ビールの魅力に気づいてほしいという願いを込めて、

  • 美味しい黒ビールに出会ったことがない方
  • どうせ苦いんでしょ…って敬遠している方
  • ワイン、コーヒーがお好きな方
  • そして特に女性(ガージェリーの黒は女性ファンも多いのです)

そんな皆さんにこの記事を捧げます。

ビールも貴方色に!

黒ビールの黒色の正体は、ローストしたモルト。ビールの「色」と「味」の濃さは、ローストしたモルトの使用比率で決まります。
 ≫黒ビールの色はどうして「黒い」?

もし、「黒ビールは味が濃いから苦手」と仰るのなら話は簡単、どうぞ薄めてください。普通のビールで割って、好みの濃さにしちゃいましょう。それがハーフ&ハーフ。ハーフ&ハーフならば、簡単に貴方好みの「色」と「味」を創り出せるのです。

とは言っても、なんでもかんでも混ぜてしまうのは、ちょっとスマートではありません。組合せはしっかりと考えましょう。

相思相愛のベストカップルを

例えば、「ガージェリー・スタウト」x「アサヒ・スーパードライ」
これはあまりお勧めできません。なぜなら製法も味わいの方向性も、互いに対極にあるビールだからです。言ってみれば、ガージェリーを炭酸水で薄めたような飲み物になってしまいます。

お互いの個性が相乗効果を生むようなハーフ&ハーフ、相性がとても大事です。相手選びのコツを教えましょう。原料や醸造方法で共通項が多いビール同士の組合せが一つの理想形です。

ガージェリー・スタウトガージェリー・エステラはベストカップル。(ローストしたモルトを除いて)同じモルト、同じホップ、同じ酵母で造られています。お互いが何の違和感もなく融合しあい、新しい美味しさが醸し出されるのです。
楽しめるのは、例えばこんなお店。メニューに見当たらなければ、是非リクエストしてみてください。

東京:
 ≫六本木・東京ミッドタウン yao ESTAbLISH
 ≫六本木 会員制居酒屋 itumo
 ≫渋谷 サラマンジェ・ガ・ラ
 ≫飯田橋 Goofy’s Bar
 ≫赤坂 Bistro HAK
 ≫葛西 POCKET PARK TOKYO
 ≫三軒茶屋 SUR BAR
 ≫下高井戸 居酒屋おふろ
 ≫新橋・第一ホテル東京 カフェバー・トラックス
 ≫新宿・ハイアットリージェンシー東京 酒肴おんぼらあと

神奈川:
 ≫関内 YUGAFU

埼玉:
 ≫小手指 CP RESTAURANT(スタウトは夏季のみです)

静岡:
 ≫浜松 割烹 弁いち

ガージェリーの黄金比率は30:70

カップルが決まれば、次はどれくらいの比率でブレンドするかです。ハーフ&ハーフだから50:50?そんなことは決まっていません。いろいろ試して、好みの比率を探せばよいのです。
ガージェリーのハーフ&ハーフ、私がお勧めしている比率はスタウト30:エステラ70。これこそ「ガージェリーの黄金比率」です(笑)。50:50ではスタウトが勝ち過ぎてしまうと私は思っていますが、皆さんのお好みはどうでしょうか。

GARGERY23でもハーフ&ハーフを

樽詰のスタウトとエステラのハーフ&ハーフの唯一の難点は、樽を2種類とも置いているお店が少ないこと。そこで次善の策をお教えします。

この2種類の壜のハーフ&ハーフをお試しください。使っている酵母こそ異なりますが、それ以外の共通項はバッチリで相性の良さは意外なほど。これなら多くのお店で、しかも自分の思いのままにハーフ&ハーフを試すことができますよ。

黒ビールLOVERまで、あともう少し!?

ハーフ&ハーフでビールの新しい世界に一歩を踏み出したあなた、いよいよ黒ビールデビューです。ビールはこうでなきゃ、なんていう固定概念は捨て去ってしまいましょう。美味しければいいのです。ほら、普通のビールが物足りなく感じられる日はすぐそこです。

次回はさらに一歩進み、黒ビールを使ったビアカクテルを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + four =

TOP