BLOGカテゴリー: ビールの話

2011年05月06日 ガージェリーは地ビールではない
先日書いた「もやしもん」の記事。その中で、地ビールに関する話題を取り上げました。実は、ガージェリーの営業に行った時、よく聞かれる質問があります。 「要するに地ビールですか?」 そんな時は必ず、「地ビールではありません。国産プレミアムビールです。」と答えるようにしています。 まあ、呼び方なんぞどうでもよいと言えば良いのですが、作品の中にも出てくる地ビールという言葉に対する偏見、誤解もあり、私自身は結構気にしているので、「もやしもん」にかこつけて、これにつ...

>> 続きを読む

2011年03月24日 GARGERYのプレミアム – 個別冷蔵配送
シリーズ「プレミアムビールの真実」の第4回。 第1回では「麦芽100%だから高級というわけではない」 第2回では「副原料にもしっかりとした役割がある」 第3回では「長期低温熟成がGARGERYのプレミアムの一つ」  と書きました。 この第4回では、GARGERYのもう一つのプレミアム(=付加価値)である「個別冷蔵配送」について紹介します。 樽詰したその日に飲んでもらいたかった これまで何回も書いてきているように、ガージェリーが最もこだわっている...

>> 続きを読む

2011年03月01日 GARGERYの新しい一歩 – GARGERY23 Wheat
2009年7月1日、GARGERYが新しい一歩を踏み出しました。この日、初の壜商品「GARGERY23 Wheat」(ガージェリー・トゥースリー・ウィート)を発売したのです。 それまでGARGERYブランドは、製造直後の美味しさを皆さまにお届けするために、頑なに樽商品にこだわってきました。しかし、樽だけでは広がりに限界がある・・・そう感じていた中での商品開発、そして満を持しての発売でした。 樽を壜詰するだけでは意味がない GARGERY23を発売...

>> 続きを読む

2011年02月25日 GARGERYのプレミアム – 長期低温熟成
シリーズ「プレミアムビールの真実」の第3回。 第1回では「麦芽100%だから高級というわけではない」 第2回では「副原料にもしっかりとした役割がある」    と書きました。 今回からは、GARGERYが持つ具体的なプレミアム(=付加価値)を取り上げ、紹介していきたいと思います。 麦芽をマッシュケトルに投入するところからビール醸造が始まる ガージェリーはここがプレミアム ガージェリーは麦芽100%ビールです。「生」であることを強調しないのと同様、こ...

>> 続きを読む

2011年02月09日 麦芽100%の意味と副原料の価値 – ビール原料の選び方
シリーズ「プレミアムビールの真実」の第2回。 前回の記事で、「麦芽100%だから高級というわけではない」と書きました。麦芽は決して高い原料ではないということです。では麦芽100%というのはイメージだけの問題なのかというと、もちろんそうではありません。麦芽100%にするにはそれなりの意味があります。今回はそのあたりを考えていきたいと思います。 副原料にも大事な役割がある 日本のビールはこれまで、より好ましい香味を造り出すため(ここが大事!)、副原料...

>> 続きを読む

2011年02月05日 麦芽は、米やコーンよりも安い – ビールの原料価格
シリーズ「プレミアムビールの真実」の第1回。 原料価格の観点から、麦芽100%(オールモルト)ビールのプレミアムについて考えます。 予告編でも書きましたが、プレミアムビールに対する勘違いでおそらく最も多いのが、「高価な原料である麦芽を100%使っているからプレミアム」というもの。実は、 麦芽はビールの原料の中で一番安いのです。 第2回工場見学会 ~ 麦芽の貯蔵庫にて 日本のビールで主に使われている原料は、役割が異なるホップを別にすると以下の通り。...

>> 続きを読む

2011年02月03日 シリーズ 「プレミアムビールの真実」、始めます
GARGERYは「プレミアムビール(PREMIUM BEER)」を名乗っています。ラベルにでっかく書いてありますから目立ちますね。 大手メーカーで「プレミアムビール」と謳っている商品は、 サッポロ 「YEBISU」 サントリー 「ザ・プレミアム・モルツ」 キリン 「ブラウマイスター」 アサヒ 「熟撰」      等々 ここで質問です。 「プレミアムビール」と「そうでないビール」の境界線はどこにあるのでしょう? 「プレミアムビール」とは何がプレ...

>> 続きを読む

2011年01月16日 エールを超えたエール – GARGERY ESTELLA
2004年6月、「GARGERY ESTELLA(ガージェリー・エステラ)」は、GARGERYブランド第2の商品として産声を上げました。エールタイプのビールが持つ華やかさと、ピルスナータイプのビールが持つ飲みやすさ、その2つを併せ持つ、GARGERY渾身のエール。その全貌を紹介します。 主人公ピップが生涯憧れた女性 - エステラ まずは、その命名の秘密から。 「GARGERY」は、ディケンズの小説「大いなる遺産」の登場人物の名前だと紹介しました。実...

>> 続きを読む

2011年01月09日 「生」だから美味しいのではない – 徹底解説「生ビール」
ビールというとすぐに頭に浮かぶのは「生ビール」という言葉。それに対応する言葉は「熱処理ビール」。 ビールの美味しさを語る上で、「生」か「熱処理」かという議論はほとんど意味をなしません。それとは別に、ビールの美味しさを決定づけるもっと大切な要素があります。 …という話、長文ですが詳しくお話しします。どうか最後まで読んでください。 今や、ほとんどのビール容器に書かれている「生」の文字。皆さんは、いわゆる生ビールに対してどのようなイメージを持たれています...

>> 続きを読む

2011年01月04日 ロンドンのパブで誕生 – GARGERY STOUT
GARGERYのフラッグシップであるスタウトビール。今でこそGARGERYというとスタウトをイメージされることが多くなりましたが、ブランドの開発当時、GARGERYブランドの最初のビールを何にするかは、ブランドのイメージを左右する非常に大きな課題でした。実は、その方向が見えたのはロンドンのパブだったのです。 ビールを飲みまくる旅で 2002年1月、新ブランド立ち上げに向けてのプロジェクトを進めていた私と「みねばん」さん。「小規模醸造所に製造を委託し...

>> 続きを読む

TOP