BLOG作者別: H.Bessho

2019年05月11日 「酔って恋バナなんてしない」町屋良平
2004年から、文章を書くことを生業としていらっしゃる方々に、GARGERYを味わって感じたことを文章にしていただいています。取扱店とウェブサイト限定で楽しめる、書き下ろしのショートストーリーの新作をご紹介します。 2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。そして、2019年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞を受賞された町屋良平さんに最新のガージェリーストーリーを書き下ろしていただきました。昨年末に本作の執筆をお願いした直後の受賞発表は...

>> 続きを読む

2019年05月05日 撮りたいのはビールじゃない
ガージェリーの公式SNSをご覧いただいたお客様から「プロのカメラマンが撮影されているのですか?」と嬉しいご質問をいただくことがあります。実のところ使用している写真のほとんどは弊社社員自ら(つまり私です)がお得意先にお邪魔した際に撮影させていただいたものです。 私が大手ビールメーカーで働いていたとき、商品の写真を撮るのに相当の労力をかけているのを見てきました。特に、グラスやジョッキに注がれたビールの写真は、いかに泡を綺麗に見せるか、き...

>> 続きを読む

2019年04月19日 【along with her story】 ミュージシャン Nina(ニーナ)
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのNina(ニーナ)さんと待ち合わせました。 Ninaさんは、あのロス・インディオスの9代目女性ボーカルをつとめ、ロス・インディオスのヒット曲、歌謡曲、ラテンナンバーを中心に、コンサート、ディナーショウで全国を巡っていら...

>> 続きを読む

2019年03月22日 王冠をいただきたい
ガージェリーと言えば、専用オリジナルグラスの「リュトン」を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ガージェリーの名前を思い出せなくても、リュトンの形は記憶に残っている、という方も多いでしょう。 リュトンがガージェリーの「顔」であると言っても過言ではないのですが、これが、とても個性的であるが故に、飲食店様それぞれの考え方で、敢えて他のグラスを使用される場合もありますし、スペースやオペレーションのご都合上、どうしても使用が叶わない場合もあるのが実情で...

>> 続きを読む

2019年02月13日 【along with her story】 ミュージシャン RIQUO(リコ)
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのRIQUO(リコ)さんと待ち合わせました。 念じ思い叶えていくシンガーソングライター 「はじめまして。「RIQUO」と書いて「リコ」と読みます。とりあえずシンガーソングライターという総称が当てはまるかと思います。仕事としてスタンダードを弾...

>> 続きを読む

2019年01月22日 「23」の次にあるもの
お気づきになったでしょうか? 瓶のガージェリーのラベルが少し変わったことを。 早いお店では昨年の初夏から新しいラベルのものがお客様に提供されていました。そろそろほとんど全てのお店の在庫が新しいものに切り替わっているものと思います。 新しいラベルのガージェリー瓶。 おそらく言われなければお店の方でさえ気づかない違いかもしれません。 旧ラベルのガージェリー瓶はこれです。 答はすでにこの文章に内包されているので...

>> 続きを読む

2018年12月20日 【along with her story】 ミュージシャン satsuki (サツキ)
  GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのsatsukiさんと待ち合わせました。 多様な表情を持つ歌姫 ボーカリストであり作詞家であるsatsukiさんは、JR中央線沿線を中心に東京都内で活動中です。 ピアノの西村和彦さんとのユニット「Lesca」、そ...

>> 続きを読む

2018年10月29日 【along with her story】 ミュージシャン カマタミズキ
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのカマタミズキさんと待ち合わせました。 生命力を沸き立たせる歌声 独特のグルーヴのギターと共に紡ぎ出される艶やかで伸びのある歌声は、ソウルミュージックやブルースからの影響と、圧倒的なセンスを感じさせます。時にクールに、時に情熱的に歌い上げ、...

>> 続きを読む

2018年10月22日 【ガージェリー・スタウトと10年】「BAR AOTETSU」‐吉祥寺
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。3ヶ月以上の熟成の後、樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品質を維持する根気が必要です。 このシリーズは、ガージェ...

>> 続きを読む

2018年08月15日 「私のギョーフ」乾ルカ
2004年から文章を書くことを生業としていらっしゃる方々に、GARGERYを味わって感じたことを文章にしていただいてきました。取扱店とウェブサイト限定で楽しめる、書き下ろしのショートストーリー&エッセイの新作をご紹介します。 2006年「夏光」が第86回オール讀物新人賞を受賞。翌年に受賞作を表題作とした短編集でデビュー。以降、数々の作品を発表し直木賞や大藪春彦賞の候補に上がるなど、活躍を続けられている乾ルカさんに最新のガージェリーストーリーを書き下ろ...

>> 続きを読む

TOP