BLOGカテゴリー: GARGERY取扱店紹介

2018年10月22日 【ガージェリー・スタウトと10年】「BAR AOTETSU」‐吉祥寺
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。3ヶ月以上の熟成の後、樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品質を維持する根気が必要です。 このシリーズは、ガージェ...

>> 続きを読む

2017年09月23日 【ガージェリー・スタウトと10年】「Shot Bar Cheers」‐渋谷
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。3ヶ月以上の熟成の後、樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品質を維持する根気が必要です。 このシリーズは、ガージェリー...

>> 続きを読む

2017年06月21日 歴史薫るマリアージュ「リストランテ大澤」-武蔵小金井
ビアスタイル21社の事務所は東京、武蔵小金井駅のほぼ真向かいにありますが、そこからゆったり歩いて20分ほど、タクシーなら5分程度の場所に、宮大工によって建てられた日本家屋をリノベーションした本格イタリアンレストランがあります。 メインダイニングから見渡す日本庭園、春には樹齢300年の梅が咲き、夏は新緑、秋は紅葉、冬には雪景色と、日本の四季を楽しみながら、シェフが腕をふるった料理の数々を楽しめるのです。 店内はご覧のとおり、「和」の落ち着きと「洋...

>> 続きを読む

2017年05月06日 【ガージェリー・スタウトと10年】「VANILLA BEANS」‐二子玉川
GARGERYは、2002年の立ち上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする最高鮮度の無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時は全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する深い愛情と、品質を維持する根気が必要です。 このシリーズは、ガージェリー・スタ...

>> 続きを読む

2017年04月05日 日本食のこころの芯「喰善 あべ」- 銀座
銀座の真ん中、多くの人や車の往来で賑やかな通りに面し、ややもすると気づかず通り過ぎてしまいそうになるビルの4階にその店はあります。 エレベーターを降りると目に入る格子戸の向こうには別世界が広がっていると感じます。 小京都、そう言い表すのが良いと思いますが、繊細さ、あたたかさ、やわらかさに満ちている空間。 2013年11月に開店してまもなく、2015年にはミシュランガイド東京で1つ星を獲得され、多くの人の知るところとなりましたが、開店以来変わら...

>> 続きを読む

2016年06月14日 隠れ家に集まる理由 「bubbles(バブルス)」- 渋谷
渋谷の円山町と聞いて何をイメージしますか?明治時代の半ばから花街として栄えたこのエリア、現在はラブホテルが立ち並んでいる場所というイメージを持っていらっしゃる方が多いと思います。実際に行ってみると、少し気恥ずかしく伏し目がちになり、足早に通り過ぎたくなるような雰囲気は確かにあります。けれども、そんな中に、外飲み大好き人間には決して見逃せないお店があります。気をつけてください。この素敵なエントランスを見逃してはいけない。 開店の20時早々に行けば、ゆっ...

>> 続きを読む

2016年05月23日 【カージェリーのはじまりから】「燻」‐赤坂 ~しあわせ連鎖の起点
【ガージェリー・スタウトと10年】シリーズの特別版です。なぜ特別かと言えば、今回ご紹介するお店はGARGERYお取扱いの第1号店であるだけでなく、GARGERYのスタートアップをご支援いただいたお店だからです。2002年末のガージェリー・スタウト発売前、試醸ビールを召し上がっていただき当店での取扱いが決まったことで、GARGERYが第一歩を踏み出したのです。 そのお店は、赤坂の少し入り組んだ路地裏にあります。 赤坂「燻 -kun-」 世界から密か...

>> 続きを読む

2015年12月25日 外飲みって楽しい「莢/Saya」-渋谷のんべい横丁
渋谷のんべい横丁は、第二次世界大戦直後に闇市のあった山手線線路沿い東側に、渋谷近辺の飲食露店や屋台が集約されて、1950年に成立したそうです。 昭和の香りが漂うこの一角、知ってはいても足を踏み入れたことはない、という方も多いのではないでしょうか。常連の和に入っていけない、シニアな酔っ払いにからまれそう、そんなイメージもないことはない。 でも、ずいぶん様子が変わってきています。 昔ながらの雰囲気そのままの小料理屋さんやおでん屋さんもありますが、10...

>> 続きを読む

2015年12月05日 創意と熱意と関わり「日本料理たかむら」- 秋田市
お久しぶりです。佐々木です。 冬がすぐそこまで近づいてきた2015年11月23日、ちょこっと秋休みを取らせてもらい、初乗り!となる秋田新幹線に乗って北へ向かいました。秋休みとは言え、公私混同なのはいつものこと、男鹿半島の観光を楽しんでから目指したのは、秋田市の閑静な住宅地にたたずむ日本料理のお店。 若くして東京・目白の名店「太古八」の板長を任された高村宏樹さんが、1999年に故郷の秋田市で独立開業。今では高村さんの料理を目当てに地元はもとより国内外遠方...

>> 続きを読む

2015年11月25日 はじまりはカウンター「Anfang」- 新潟市
お店の名前はドイツ語で「はじまり」。 まさしく新潟県で初めてGARGERYの樽をお取扱いいただいたのが、ここ「Anfang」さんです。2015年11月の時点で、新潟県で唯一ガージェリー・エステラを提供し、さらにガージェリー23も三種類全て揃えていただいているお店です。 お店の入口は、わかりやすいか、わかりにくいか、と言えば少々わかりにくい。二階へと誘う階段の手前にある控えめな扉は大きな通りに面しているだけに、ややもすると見過ごしてしまいそうです。 そ...

>> 続きを読む

TOP