BLOGガージェリーブログ

飲食店限定プレミアムビール「ガージェリー」をお届けするビアスタイル21社によるブログです。

2019年06月29日 【along with her story】 ミュージシャン 琴音
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、リュトンを片手に、思い思いのストーリーを語っていただいています。日暮里のライブバー「BAR PORTO(ポルト)」でミュージシャンの琴音さんとお会いしました。 世界を旅する歌姫 「こんにちは、琴音です。シャンソン、カンツォーネなどを中心に、主に都内ライブハウスで歌っています。」 「直近では、3月末まで、2ヶ月半の海外音楽修行に行っていました。ベルギー、オランダ...

>> 続きを読む

2019年06月25日 【from BrewMaster】 想いを閉じ込めるプレミアム
前回、樽詰ガージェリーの長期熟成、毎日樽詰というプレミアムについて書きました。 当初は樽詰だからこそのプレミアムを謳ってスタートしたガージェリーが、どう考えて瓶詰を発売したのか、今回は、瓶詰ガージェリーのプレミアムについて書いてみます。 樽と同じ志、異なる道のり GARGERYブランドの品質上の一番のこだわりは、最高のコンディションのビールをお届けする…というものです。何故なら、コンディションの良さこそ、美味しさの要と考えている...

>> 続きを読む

2019年06月20日 【along with her story】 ミュージシャン 小松原沙織
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、リュトンを片手に、思い思いのストーリーを語っていただいています。市ヶ谷「Cafe & Bar TANGRAM」でミュージシャンの小松原沙織さんとお会いしました。 -小松原さんは、音大卒業後、様々なジャンルの作編曲家・鍵盤奏者としての活動を経て、現在はシンガーソングライターへ転向し、ソロアーティストとして活躍されています。ピアノを弾きながら、ご自分が歌いたいテーマを...

>> 続きを読む

2019年05月21日 【along with her story】 ミュージシャン 安田奈加
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、リュトンを片手に、思い思いのストーリーを語っていただいています。渋谷の隠れ家「カクテルスタンド宝石」で待ち合わせをしたのは、ミュージシャンの安田奈加さんです。 -安田奈加(やすだなか)さんは、東京都出身。音楽学校にて歌唱および理論を学びました。在学中からフリーでCM等の歌入れ、サウンドロゴおよび仮歌の仕事や、ご自分のバンドでボーカル、作詞/作曲を担当。ロックからポップス、...

>> 続きを読む

2019年05月11日 「酔って恋バナなんてしない」町屋良平
2004年から、文章を書くことを生業としていらっしゃる方々に、GARGERYを味わって感じたことを文章にしていただいています。取扱店とウェブサイト限定で楽しめる、書き下ろしのショートストーリーの新作をご紹介します。 2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。そして、2019年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞を受賞された町屋良平さんに最新のガージェリーストーリーを書き下ろしていただきました。昨年末に本作の執筆をお願いした直後の受賞発表は...

>> 続きを読む

2019年05月09日 【zama no genba】 オアシスはそこにある「AQUARIUM CAFE Affinity」
・ こんにちはザマです。 先日、31から32へとレベルアップしました。 365日経つとレベルアップだけはするのですが、なぜ経験値が上がらないのか? 答えは出ないままです。 ・ やりきれない思いが溢れ人混みをスーツで抜け出します。 日中の暑さにジャケットが鬱陶しくなってきましたね。 海、行きたいなぁ・・・ ・ 癒しを求めて電車に揺られ就いた先は「海老名」 ...

>> 続きを読む

2019年05月05日 撮りたいのはビールじゃない
ガージェリーの公式SNSをご覧いただいたお客様から「プロのカメラマンが撮影されているのですか?」と嬉しいご質問をいただくことがあります。実のところ使用している写真のほとんどは弊社社員自ら(つまり私です)がお得意先にお邪魔した際に撮影させていただいたものです。 私が大手ビールメーカーで働いていたとき、商品の写真を撮るのに相当の労力をかけているのを見てきました。特に、グラスやジョッキに注がれたビールの写真は、いかに泡を綺麗に見せるか、き...

>> 続きを読む

2019年04月19日 【along with her story】 ミュージシャン Nina(ニーナ)
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのNina(ニーナ)さんと待ち合わせました。 Ninaさんは、あのロス・インディオスの9代目女性ボーカルをつとめ、ロス・インディオスのヒット曲、歌謡曲、ラテンナンバーを中心に、コンサート、ディナーショウで全国を巡っていら...

>> 続きを読む

2019年03月22日 王冠をいただきたい
ガージェリーと言えば、専用オリジナルグラスの「リュトン」を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ガージェリーの名前を思い出せなくても、リュトンの形は記憶に残っている、という方も多いでしょう。 リュトンがガージェリーの「顔」であると言っても過言ではないのですが、これが、とても個性的であるが故に、飲食店様それぞれの考え方で、敢えて他のグラスを使用される場合もありますし、スペースやオペレーションのご都合上、どうしても使用が叶わない場合もあるのが実情で...

>> 続きを読む

2019年03月06日 【from BrewMaster】居座るプレミアム
今回は、ガージェリー醸造責任者として佐々木が、GARGERYの持つプレミアム(=付加価値)についてお話ししたいと思います。 ガージェリーをある程度ご存知の方が、まず思い浮かべるのは、麦芽100%ビールであるということでしょうか。しかし、これは、ことさら声を大にして言うことではありません。ガージェリーは一般的なビールに求められる“すっきり感”や“のど越しの良さ”を楽しむというよりは、ゆっくりと味わうお酒を目指しています。そのために、より味わい深い香味に...

>> 続きを読む

TOP