BLOGガージェリーブログ

飲食店限定プレミアムビール「ガージェリー」をお届けするビアスタイル21社によるブログです。

2010年11月12日 古代の酒器に思いを馳せて – リュトン誕生秘話
GARGERYのグラスは独特の形をしています。私たちはこのグラスを「リュトン(rhyton)」と呼んでいます。日本語では「角杯(かくはい/つのはい)」です。 GARGERYは当初、樽詰ビールだけの発売でした。樽詰ビールにはお客様の目に触れるラベル、壜などがありません。普通のグラスに注がれてサーブされてしまうと、その時点でパッと見ただけでは何のビールだか分からなくなってしまうのです。 知名度の高い商品ならば問題ないのですが、何と言っても全くのゼロから立ち...

>> 続きを読む

2010年11月09日 赤坂 燻 – 軽井沢の風に育まれた燻製を味わう
GARGERYの取扱店第1号は赤坂にある「燻」。こちらの代表「クマさん」、奥様の「みはるさん」に出会ったことでGARGERYは産声を上げることができました。 思い返せば2002年、ようやく出来上がったスタウトの試醸品をお二人に飲んでいただき、一口で気に入っていただいた時のことを鮮明に覚えています。自分では絶対に美味しいと思っていても、実際にお店に立たれているプロがどのように判断するのか、かなり不安だったのです。クマさんに気に入られ、是非自分の店に置きたい...

>> 続きを読む

2010年11月08日 ブランド名はディケンズの小説「大いなる遺産」から
「GARGERY」ってどういう意味なんですか?と、よく聞かれます。実は「GARGERY」は人の名前です。英国の作家、チャールズ・ディケンズ(1812-1870年)の小説「大いなる遺産」(原題:Great Expectations/1860年作品)の登場人物です。 新商品のブランド名を検討したのは、2002年12月のGARGERY発売開始に先立つ2002年5月から6月にかけて。その過程で、それはそれは多くの候補名が出てきました。意味のある言葉、勝手な造語、...

>> 続きを読む

2010年11月06日 GARGERYって何だ
GARGERYブログ、記念すべき第1回です。 まずはどう読むか。「ガージェリー」と読んでください。 GARGERYは2002年12月に誕生してからもうすぐ丸8年になります。 知る人ぞ知る日本のプレミアムビールのブランドです。 いわゆる地ビールではありません…と主張しています。 こんなグラスで知られています。ちょっと悔しいですが名前よりもグラスの方が有名です…たぶん。 商品パンフレットの1行目には、「こころを満たすような魅力的なビールをお届けしたい」...

>> 続きを読む

TOP