BLOGガージェリーブログ

ホットスタウトも登場 – 「フレンチとガージェリーの夕べ in 名古屋 2015」

2015年2月13日(金)、一昨年夏に続いて2回目となる「フレンチとガージェリーの夕べ」が、名古屋・錦の「RESTAURANT TSUKIDATE」さんで開催されました。5種類のガージェリーそれぞれに合わせた料理をコース仕立てで味わおうというこのイベント、23名の皆さんにご参加いただき、美味しく、楽しいひと時となりました。

TSUKIDATEメニュー

会場では、山盛りのポップコーンが皆さんを迎えます… もちろん、ただのポップコーンではありません。千代幻豚の脂の香り、八丁味噌のパウダーが築舘シェフのこだわりです。
TSUKIDATEポップコーン

エステラのジュレに脱帽

真冬のビールの宴はワイングラスに注がれたGARGERY ESTELLA(エステラ)からスタート。
TSUKIDATEエステラ
前回は桃のジュレを使った料理をエステラと合わせましたが、今回はオレンジ。築舘シェフが「エステラに絶対合う!」と太鼓判を押した一品で、上に乗っているオレンジ風味のジュレにはエステラも入っているのです。初っ端から脱帽です、文句ありません。華やかなエステラはフルーツとの相性が良いようです。
TSUKIDATEタルタル

23Wheat、23Xale、STOUTと続きます

続いては、かなり濃厚な紫芋のスープ。ドロッとしており、まさに芋ピューレを食べている感じです。その濃さにフォアグラがマッチして旨いです。23Wheatが進みます。
TSUKIDATE紫芋
次の一皿、大きな平目の下に潜んでいる牡蠣のフリカッセが只者ではありません。牡蠣をソテーする前に、なんとXaleで軽く煮てあるそうです。ということで23Xaleと合わせます。これも旨い。
TSUKIDATE平目
食べ応えのあるメインは、ラムのモモ肉を芯に、バラ肉で巻き込んだバロンティーヌ。玉ねぎ、アンチョビ、八丁味噌、長者町蜂蜜などが使われています。そしてスタウトソース。しっかりとした味わいを樽詰STOUT片手に楽しみます。
TSUKIDATEラム

ホットスタウトで仕上げ

デザートはタルトショコラです。ヴァローナのマンジャリ、P125という2種類のチョコレートを組み合わせた贅沢品。スイーツに疎い私は初めて聞く名前ばかりですが、濃厚なチョコレートは間違いなく酒を誘います。
TSUKIDATEショコラ
このタルトショコラに合わせるのは壜の23BLACK。ただし、そのままではなく、今回は何とホットスタウトにしちゃいました! 実はこれ、築舘シェフとの事前の打合せで出たアイデアで、もうこれしかない!…というほど気に入ったアイデアだったのです。

まず、BLACKを湯煎して温めます。単に温めただけでは苦味が際立ってしまいますので、甘味を増すために用意されたのが、蜂蜜も加えたリンゴの山椒煮。これをカップに入れていきます。そして、温めたBLACKを静かに注ぎ入れればホットスタウトの完成です!
TSUKIDATEホットスタウト
リンゴの甘味と酸味、山椒のスパイシーさ、ビールの苦味… 様々な香味が渾然一体となった不思議な感覚を楽しめました。強いて言えば、もう少し甘味を強くしても良かったかもしれません。次回以降の課題にします。

さて、2時間余りのビールの宴、皆さん楽しんでいただけたでしょうか。各テーブルを回ると、「エステラが美味しかった!」、「いや、私はスタウト!」… いろいろな声をかけていただきました。ありがとうございました。そして築舘シェフからは、「またやろうね!」というこれ以上ない一言をいただきました。

名古屋の皆さん、次回もご期待ください!
築舘シェフ、次回もよろしくお願いします!

>> 「RESTAURANT TSUKIDATE」さんのお店情報はこちら
>> 2013年のイベントの様子はこちら

TSUKIDATEmember
それにしても、、、東京でもこういうイベントをやりたい… 本音です。

TOP